介護保険法に基づく情報公開制度について


サロン・ド鹿鳴館TOP

こんにちは!鹿鳴館です

鹿鳴館イベントニュース

写真ルーム

健康のコツ

アクセス

サロンド鹿鳴館は、ご利用される地域の皆さんの声を一番大切にしていきたいと願っています。
サロンド鹿鳴館は、提供するサービスに対するアンケート評価を定期的に行い、利用して頂く地域のみなさんに最適な質の高い介護サービスをめざします。

介護サービス事業所のサービス内容や運営状況などを公表する制度が、改正介護保険法で新設されたのをご存知でしょうか?介護業界には問題を起こしたコムスンのような営利企業やNPO法人などが参入し、サービスの内容や質に様々な違いが生じています。
利用者が自分に合った介護事業所を選択するため、サービス情報を容易に入手できる環境を整備しようと始まったのが、この制度の狙いでした。サービス情報の公表は、サービス別に90~250項目程度に上ります。職員体制や料金体系などの「基本情報」と、身体拘束廃止の取り組みの有無など客観的な事実確認が必要な「調査情報」とに別れます。

制度の対象となるのは、1年間の保険による収入が100万円を超える事業所です。都道府県または都道府県の指定を受けた情報公表センターが事業所から報告を受け、インターネットなどで公表します。調査情報は、都道府県または指定調査機関が事業所を訪問調査した上で公表されますので、透明性が高いと言えます。

情報を見るには、社団法人「シルバーサービス振興会」の介護サービス情報公表支援センターのホームページが便利です。インターネットを利用したことのない高齢者が多いのが難点ですが、厚生労働省は「家族やケアマネージャーらに相談して」と呼びかけていますが、未だ有効に活用されているとは言えない状況です。

サロンド鹿鳴館は、公表された情報が有効に活用され、その地域の利用者に最適なサービスをご提供するため、介護サービスに関する情報公開制度に誠実かつ積極的に対応していきます。

会社概要プライバシーポリシー情報公開制度について